小堀豊子先生
 大阪、京都、富山、埼玉、沖縄、北海道・・・台湾。これらの地域は、この小堀ゼミで学んでいる生徒の出身地なんです。
 この小堀ゼミアナウンス研究室は、アナウンサー試験へ向けての実践練習が中心となったゼミです。初めに書いたとおり、様々な地域から集まった生徒達は、まずはお互いの地域について理解を深めていきました。
 自分の生まれ育った土地をみんなの前でプレゼン形式で説明し、改めて自分の土地について考えたり、行ったことのない生徒にとっては、そこで聞いたことはこれからのフリートークや何かのネタに出来るように情報収集の場でもあります。
 「アナウンスの勉強」と聞いても、すぐに勉強内容が浮かぶものでもないですよね?では、簡単ではありますがご説明します。もしかして、「発声練習」とか考えてます?それもひとつの勉強ではありますが、それは個人が各自勉強することであって、このゼミでは最近はまず初めにニュースを見ます。これは、ただ単にニュースを見て現在の社会の動きを見るのではなく、ニュース原稿の読み方を習得するのが目的なんです。アナウンサーが読んでいるのを聞き、追っかけるように声に出して読むのです。こうして読むことにより、アクセントの矯正にもなるし、ニュース原稿という独特な文章の読み方が身につくのです。
 このほかにも、フリートークのお題を出されてその場で考えて3分でみんなの前で話す。1分間の自己PRを2度違う文章で話す。この他にもいろいろとアナウンスの勉強はあります。しかし、他のゼミなどと違うのが、課題などすべてのものが当日に出されて、考える余地が無いこと。しかし、アナウンサーというのは突然現場に行ったときには、手持ちの原稿も無いまま情景描写しなければいけなかったりします。そのような臨機応変さを持ち合わせるためには、考える余地の無い課題の方がいいのかもしれませんね。
 小堀先生は、とにかく私たちのことを可愛がってくれます。夏休みに特別講習も開いてくれます。「お昼ご飯食べた?」とかいって、パンを買ってきてくれたりもします。4回生のゼミの先輩たちも、ゼミの後輩に当たる私たちとの飲み会を開いてくれ、就職活動についていろいろ教えてくれます。在京キー局は徐々にアナウンサー職はエントリーが始まっています。これから、準キー、地方局と全国の放送局が受付を開始します。私たちはこの小堀クラスで学んだことを思う存分発揮して全国に飛び回ります。
 以上、アナウンサーの卵がいっぱいの小堀クラスから宮野がお伝えしました!!



 大谷女子大学には、学校の内外で名物になりつつある、ある集いが2つあります。教育福祉学部の高村博正先生がボランティアで主宰している、「英会話サークル」と「通訳をめざす勉強会」です。学生や教職員だけでなく、近隣の主婦の方々もたくさん参加されています。
高村博正先生を囲んで
 高村先生は小柄な方ですが、人の2倍も3倍も動き回るパワフルな先生です。この高村先生が、もっとみんなが英語に触れることができるようにと、「英会話サークル」を開きました。英語を話したい人達が集まり、英語で自由に話し合うサークルです。今年で5年目です。先生はさらに高度な、「通訳をめざす勉強会」も開いていますが、今回は「英会話サークル」を主に紹介しましょう。
 週に2回、木曜日と土曜日の昼休みに集まっています。5年間も「英会話サークル」が続いた秘訣は、だれもが気軽に参加でき、参加しても英語を話すことを強制されないという自由さでしょう。聴くだけでもいいのです。英語が苦手な人も、得意な人も熱心に毎回参加されているのは、「だれでもWelcome!」という高村先生の姿勢と人柄のおかげです。  
 今回は3人の熱心な主婦の方を取材する機会を得ることができました。苧阪房晃(ふさこ)さんと東弓子さんは、「英会話サークル」に通い続けて4年目です。苧阪さんは大学の近くに住んでいて、学生の頃を思い出して熱心に参加しているそうです。東さんは「英会話サークル」を通じて人脈が広がったそうです。2年目という阪口さんは、人づてに「英会話サークル」を知り、いまでは毎回欠かさずに参加するほど入れ込んでいます。
 気配りのきく苧阪さんは、「英会話サークルは学生の参加はもちろん主婦の方や先生方も参加し、和気あいあいと楽しくしています」と笑みを浮かべておっしゃいます。英語の実力のある阪口さんは、「英語が苦手な人でも聞いているだけで大丈夫なのですよ」と初心者を歓迎されます。チャーミングな東さんは、「話す内容も自分の家族の事や趣味のことなど身近な話題を取り上げて、参加者に聞いて頂いています」と、笑顔で。
 学生だけでなく、近所のみなさんにとって、憩いの場であるかわかっていただけましたか?しかし、「英会話サークル」に参加する利点は英語を話せるようになることだけではないのです。ゲスト・スピーカーを招くこともあります。今年は、創価大学アメリカからアレックス・H・奥田先生をお招きし、「アジア人の英語とプレゼン能力について」を聞きました。
 楽しく英語に触れたい方は一度「英会話サークル」や「通訳を目指す人の勉強会」に遊びに来られてみてはいかがでしょうか。 


前のページに戻る  次のページ